行き過ぎた催促をさせない|宿不足に着目!airbnb投資で観光客に寝床を提供する

宿不足に着目!airbnb投資で観光客に寝床を提供する

女性

行き過ぎた催促をさせない

男性

連帯保証人がいない入居希望者がいる際に便利なのが、家賃保証会社です。入居希望者の家族や親族の代わりに連帯保証人になってくれるので、入居の審査が通りやすくなるのは確かといえるでしょう。所有物件の空室を埋めやすくなるのに一役買ってくれる便利なシステムなのは間違いありません。しかし、利便性が高い家賃保証会社でも、利用契約を結ぶ会社によっては入居者とのトラブルを起こしやすいです。現在、家賃保証を行なう会社を規制するための法律や行政組織がありません。そのため、家賃未納を引き起こした場合、行き過ぎた催促行為を働いてしまうところもあります。安心して、利用してもらえる物件を目指すためには、家賃保証会社が優良であるかどうかを見極めるのも重要です。

近年では、法整備が整っていない家賃保証関連業界のために、国交省が登録制というシステムを導入しました。国交省が設定した規約を守っていれば、登録制の名の下で良心的な会社ということで登録名簿に企業名を記載されます。少なくとも、登録制のシステムが登場したことによって、高い確率で安心して利用できる会社を見つけやすくなるのは間違いありません。悪徳業者にも引っかかりにくくなるので、入居者とのトラブルも未然に食い止めやすくなるので、安心して物件管理ができるようになるでしょう。良心的な業者を簡単に見つけたいと思ったら、国交省が定めた登録制を利用して、業者比較を遂行しましょう。